幼児教室 子育て支援


by child-popup

好き嫌いの克服方法

離乳食を卒業すると 殆ど大人と同じ物を食べるようになり、いろいろな味がわかるようになります。
いろいろな物を食べていくうちに好き嫌いも出てきます。
この好き嫌いの多くはたいした理由がありません。
成長するうちに (といってもかなり短期間で) 好みが変わってきます。

まず偏食しないことが目標であるなら 毎日の食生活に偏りをなくすことです。
生野菜が苦手な子ども達は小さい時からあまり生野菜を食べていません。
魚嫌いも同様で食卓に出される頻度が低いものほど嫌いになる傾向があります。
それからレトルト食品を多用すると添加物の味付けに慣れてしまって手料理の味付けを好まなくなります。

さて 好き嫌いを克服する方法ですが、食べず嫌い以外は結構簡単に改善できます。
嫌いの原因を解明してみて下さい。
そうするとかなり近道出来ます。

「トマトはなんだか青臭くてキライ」という子にはざく切りにしたトマトに三温糖を振りかけて冷蔵庫で冷やして食べてみて下さい。
三温糖で甘みが増し、冷やすことで匂いも軽減します。

生野菜嫌いは まずレタスをちぎる、きゅうりを切る、などサラダを自分で作らせてみて下さい。
そしてマヨネーズやドレッシングをたっぷりとかけたり、ゆで玉子のみじん切りなどを散らして色あざやかにしてみましょう。
自分で作ったものを誰かが「おいしい」と食べてくれれば自然と口に運びます。

「魚は小骨が多くてイヤ」という子にはお刺身を使ったカルパッチョや「生臭いのが苦手」という子にはフライや天ぷらでどうでしょう。

いずれにしても手伝って作ったものや 味見などのつまみ食いほどおいしいものはありません。
最高の調味料は「おいしい!」のひとこと。

誰でも好き嫌いはありますが、“嫌いだけど食べられる”というのはスゴイこと。
残してもいいから食べてみる、小さいものだけ食べきる、頑張って自分から口に入れる など努力が見られたら多いにほめてあげて下さい。

ちなみに娘はナスとピーマンが嫌いでしたが、揚げナスとピーマンの肉詰めで克服しました。(笑)
今は青ネギと豆腐に苦戦しています。(赤ちゃんの時は豆腐好きだったのになぁ…)



055.gif おしらせ 055.gif

いろんな声を反映して、このブログがみなさまのお役にたてたら…と思っています。
ご質問やご要望がありましたら、コメント欄に書き込んでいただくか(欄外右下のcommentsをクリックして下さい)、
教室の問い合わせ先にメールをください。

たくさんの声をお待ちしています♪

072.gif 問い合わせ先
child.pop.up.2008@gmail.com
[PR]
by child-popup | 2011-05-09 14:24 | 子育て | Comments(0)