幼児教室 子育て支援


by child-popup

子どもの約束

今日は子どもにとっての約束のお話をします。
“約束”と言ってもいろいろな種類があります。

生活する上で おうちで決まっている約束。 (基本的生活習慣といいます)
例えば いただきます・ありがとう・ごめんなさい などの挨拶をする とか オモチャを片付ける、ゴミはゴミ箱に捨てる など生活に必要な約束のことです。
これは言葉を覚えはじめる段階から教えたりするので、生活環境で自然と身についていきます。

次に大人との約束。
よく見られるのは「今度の日曜日は遊園地に行こう。」という予定の約束と「○○出来たら△△してあげる。」という成功報酬型の約束です。
大人は安易に言うことも多く、都合が変わると予定を変更したり、その場しのぎで約束してしまって忘れたりしますが、子どもにとって“楽しみ”が大きいものほど よく覚えているので、この約束が破られると信頼にも響きます。
素直な子どもほど 大人との約束を守ろうと努力するので、大人は容易に考えないことです。
守れるかどうか不確かなら 約束しないようにしましょう。
後で事情を説明しても大人の都合など理解しにくいので、子どもが納得するのは困難だからです。

他に 子どもどうしの約束がありますが、これが結構トラブルのもとになります。
大人との約束と違って、子どもどうしでは約束の重要度合いに個人差があります。
破るつもりはなくても 自分の感情や都合が優先してしまい簡単に忘れる子、約束は絶対守るべき と最優先にする子 とそれぞれに違うので、守られなかった場合に 怒る子 と なんで怒るの?という子 が出てきます。
約束といっても 大人からみれば大したことがなくても、子どもにとっては大問題です。
破った子は いかなる理由があっても相手が傷ついていたら謝らなければならないし、都合が悪くなったら相手に連絡するなどの措置を取るよう教えるいい機会です。
どんなに小さな約束でも 人間関係を築く上で大切なことなので、子どもの約束なんてたいしたことない と思わず、約束の大切さや相手の気持ちを伝え、どう対処すればいいのか一緒に考えてあげましょう。




055.gif おしらせ 055.gif

いろんな声を反映して、このブログがみなさまのお役にたてたら…と思っています。
ご質問やご要望がありましたら、コメント欄に書き込んでいただくか(欄外右下のcommentsをクリックして下さい)、
教室の問い合わせ先にメールをください。

たくさんの声をお待ちしています♪

072.gif 問い合わせ先
child.pop.up.2008@gmail.com
[PR]
by child-popup | 2011-05-11 12:01 | 子育て | Comments(0)