幼児教室 子育て支援


by child-popup

言語力 と 賢い子

以前のブログで 早期教育の落とし穴について書きましたが、今日は賢い子に育てる為のヒントを ひとつ 挙げてみようと思います。

一口に“賢い子”と言ってもタイプは様々です。
物事をよく知っている子、状況の判断が出来る子、思考力に優れた子、学習能力の高い子…。
子どもの能力を いろいろ見てきましたが、共通して言語力に比例しているようです。
人間は言葉によって 他と関わりを持ち、社会を形成します。
物事の理解を深めるのも 言葉です。
芸術的な能力や運動能力は別ですが、言語力は全てのことに深く関わりがある
と言っても過言ではありません。

言語力とは よく話す、話さない という問題とは別です。
言葉の意味するものを理解する力と 思考したことを的確に表現する力のことです。
よく話す子が この力を持っているかどうかは 話の内容を聞けば すぐにわかります。
その言葉の中に 自分で考えたことや判断したことが入っているかどうかです。
無口な子でも それが入っているなら 言語力が高いということです。

幼稚園・保育所で学ぶ生活習慣や小学校で学ぶ知的学習は 全て“人の話を理解して
聞く”というところから始まります。
生まれて初めて対話するのは 親です。
親子の会話が 子どもの頭脳を左右するのかもしれません。

では 幼い子どもに どうやって言語力をつけるのか?
聞く姿勢を教えるには 親が子どもの話をきちんと聞くことです。
また 話すということを教えるのも 子ども相手にきちんと話すことがなければ
教えられません。
子どもと話す時 あるいは 話を聞く時に かがんで話される先生を見かけたことは
ありませんか?
目線を子どもの高さに合わせ、つたない表現でも一生懸命 聞く。
話す時は 内容が理解出来るよう 話し方や使う言葉を考える。
親が一生懸命聞けば、子どもは一生懸命話します。
逆もまた 真なり…。
そうして言語力が高くなっていきます。
同時に 思考力も判断力も ついていきます。

こういった基盤が出来れば 遊びでも生活でも学習でも 経験が身についていきます。
賢い子を育てるには 知育学習だけを考えるのではなく、言語力を念頭において親子の会話を大切にすることが重要だと思います。




072.gif 秋季募集のおしらせ 072.gif
来年度 幼稚園に入園することになったけれど 親元を離れて大丈夫かご心配な方、幼児教室ポップアップに預けてみませんか?
ごあいさつ、お返事、話を理解して聞く…など 集団生活の基本を教えます。
また 活発になってきて家庭の中だけでは大変…と思われる方、プチ幼稚園の感覚でお預かり致します。
詳しくはカテゴリ欄の“幼児教室のご案内”をクリックし、平成23年度募集をご覧下さい。


056.gif 来年度受講生募集のおしらせ 056.gif
・来年度受講生はただいま 3歳児クラスのみ募集しています。
・定員締め切りとさせて頂きますので、募集は若干数となります。
・詳しくは カテゴリ欄“幼児教室のご案内”をクリックし、平成24年度募集をご覧下さい。

★ ご不明な点・ご質問・体験教室の申し込み などは下記まで お問い合わせ下さい。
メール … child.pop.up.2008@gmail.com
電話 … 090-9041-6414
[PR]
by child-popup | 2011-11-05 09:20 | 子育て | Comments(0)