幼児教室 子育て支援


by child-popup

<   2011年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

5月31日 (曇)

a0191095_1253784.jpg

今日 絵画あそびで描いた作品です。“あめふり”

○ 自由あそび
・ブロックあそび
・ままごとあそび、お人形あそび

○ 絵画あそび
・サインペンで線あそび→あじさいの花
・はっぱとかたつむりの のりづけ

○ 戸外あそび(公園)
・虫みつけ(アリ)
・ブランコあそび
・かけっこ

○ 体育あそび
・ジャンプ
・ボールあそび
・寝転んでコロコロ
・回転ブランコ

○ 手遊び ♪くるくる ♪むすんで ひらいて

○絵本 “いない いない ばあ のえほん”


子どものひとこと
絵画あそびでかたつむりをのりづけする時
「でんでんむしむしさん、これからどこに行くの?お散歩するの?」
あめふりの中、どこに行くのかな?
考えたことなど、どんどん言葉が出てきます。
[PR]
by child-popup | 2011-05-31 12:53 | 2歳児クラス | Comments(0)
この 違い、わかりますか?
どちらの様子も子どもが何か悪いことをして親が怖い顔をしています。
しかし“叱る”と“怒る”では大きな違いがあります。

“叱る”は間違ったことを気付かせ、正しいことを厳しい態度で教える という時に使います。
よって 叱り方はいろいろあるにせよ、最終的には何がどういけなかったのか、どうするべきだったのか 子どもがわかるまで終わりになりません。

“怒る”は腹立たしい自分の気持ちを表現する という時に使います。
これは“叱る”と違って単に自分のいら立ちを子どもにぶつけるだけなので 子どもは怖がるだけ ということになります。

この2つの違いは親子関係にも大きな差が出ます。
何がどう悪かったのか、きちんと教える為に厳しい態度を取る親には 正しいことを判断出来る子になってほしい という親の想いがあるので、どんなに厳しく叱っても親子の信頼関係が成立します。
逆に自分の思いをぶつけるだけの親は 子どもに教えるものがないので 信頼関係など育ちません。

それから“叱る”ということがきちんと出来る人はフォローも同時に出来ているように思います。
厳しい態度が取れる反面、子どもが理解し、反省すると 子どもの想いを汲んで優しく諭す ということが出来るのだと思います。

子育てをしていると“叱る”という場面は度々登場します。
いつも親が笑っているだけなら 大切なものも伝えられません。
心を鬼にして厳しくするから 子どもが成長した時は仏のような笑顔で喜べるのかもしれませんね。





056.gif おしらせ 056.gif

ただいま 平成23年度の受講生募集をしております。
詳しくはブログのカテゴリ欄にある“幼児教室のご案内”をクリックして下さい。
もしくは 教室のお問い合わせ先までご連絡ください。

2歳児クラス、3歳児クラスともに定員5名です。
定員になり次第締め切らせていただきますので、ご了承ください。

072.gif お問い合わせ先
child.pop.up.2008@gmail.com
[PR]
by child-popup | 2011-05-30 22:38 | 子育て | Comments(0)

ぐっすりコロン

a0191095_10582622.jpg

今日は久しぶりに愛犬コロンの話題です。 (生後5か月になりました♪)

写真はコロンのお昼寝の様子です。(ちょっと恥ずかしいカッコだけど…)
たいていサークルに置いてあるマット&タオルでお昼寝するのですが、最近は人の側で寝ることが多くなりました。
娘がソファで横になると、その真下で寄り添って寝るし、私がテーブルに座っていると その足元で寝ています。
(時々 気付かずに足を動かして 蹴ってしまうことも…コロン、ごめんっ!)

写真はあまりにも奇妙な格好でねているものだから、思わず撮っちゃいました。(笑)
上を向いて眠るのは安心しきっているからだと聞きましたが…背中、痛くならないのかな?

最近は私が洗濯する時も、料理する時も、トイレに行く時も トコトコ後をついて回るコロンくんです。
[PR]
by child-popup | 2011-05-29 10:58 | コロンノート | Comments(0)

公園での戸外あそび

a0191095_1551239.jpg

今日はいつも行く公園で どのように遊ぶかご紹介します。

写真の陣屋公園が一番近いので、お天気が良い日にはよく遊びに出掛けます。
見た通り 遊具といえばブランコとすべり台ぐらいですが、草木も多く アリやチョウなどの昆虫をたくさん見つけられます。
花が咲いていたり 木の実が落ちていたりするので 遊具が少なくても発見することはたくさんあります。
秋にはどんぐり拾いもします。

写真には写っていませんが、広場もあるので かけっこや鬼ごっこ、ボールあそびなど 体育あそびもします。

教室が始まったばかりの4月は 保育者の指示もなかなか伝わらないので、安全面を配慮してお出掛けはしませんが、5月頃から年中を通して気候が良い時には戸外あそびをするので この公園を利用します。
他に本多聞公園という広くて大きな公園もあるので、しっかり歩けるようになれば そこにも出掛けます。

室内だけではわからない自然の移り変わりに目を向けたり、戸外で体を動かして遊ぶことも大切にしていきたいと思っています。
[PR]
by child-popup | 2011-05-27 15:51 | 幼児教室のご案内 | Comments(0)

5月26日 (曇)

今日は天気もあまりよくなく、少し蒸し暑い一日でした。
しかしお外で体をいっぱい動かしたいよね♪

○ 自由遊び (ままごとあそび・お人形あそび)
自分と同じぐらいの大きな人形にお料理を食べさせてました。
こぼしたり、汚したり…お人形のお世話も大変だね。(笑)

○ 絵画あそび “あめふり”
クーピーペンシルで線あそび

○ 戸外あそび
・お庭でお砂場あそび
・公園で かけっこ・すべりだい・虫見つけ

○ 自由遊び ブロックあそび

○ 手遊び ♪くるくる

○ 絵本 “たまごのあかちゃん”


こどものひとこと
ブロックあそびを楽しんでいたのに、もうお片付けの時間。
保育者が片付け始めると「ダメ!」と言って箱をひっくり返しました。
まだ遊びたいのかと思ったら「私が片付けるの!」
言葉通り 自分一人で片付けはじめました。
嬉しそうな顔をしていましたよ。
[PR]
by child-popup | 2011-05-26 12:51 | 2歳児クラス | Comments(0)

ひとりごと

最近 ブログアップの時間が遅くなることも度々で申し訳ありません。

先々週より主人の母が田舎から出てきています。
もう83歳になるのですが、身の回りのことは自分で出来るので、父が亡くなってから独り暮らしをしています。
今日は その母から私達へ、私達から子どもへ伝わることを書いてみようと思います。

人は老いていくと出来なくなることが増えます。
母も耳が遠くなり、足が悪くなってきていますが、その姿は自分の将来の姿でもあります。
不思議なもので、動けないことが増えると 想いが増えてくるようで、私や娘に気を遣ってくれます。
そんなに気を遣わなくても…と思うほどですが、一緒に暮らす というのはお互いに気を遣うものです。
今は「ありがとう」の言葉を添えて 一緒に家事をしています。

さて 母から私達の世代を通して子どもに伝わること と書きましたが、これは目に見える形でも物でもありません。
子を想う気持ちと親を想う気持ちです。
そして 思いやり。
人と人が顔をつき合わせば 思い違いや言葉が足りないことも当然
起きてきますが、それを乗り越えるには この思いやりが必要だと
思います。
母は母なりに嫁を思いやり、嫁も微力ながら母への思いやりを持てば、なんとかうまくやっていけるようです。
そして そういう姿を見て娘が育っていきます。
こればかりは 学校で教えてもらうことも、言葉だけで伝えることも出来ません。

母の中には80年以上の歴史があります。
その中で培ったものは 私達の経験などかないません。
人生の先輩と一緒に過ごす中で いい関係を築いていければ…と思います。
[PR]
by child-popup | 2011-05-25 22:28 | Comments(0)

梅雨時期はご注意

今日の神戸は朝から雨が降り、少し肌寒い一日でしたが これから
梅雨に入り蒸し暑くなります。
幼児を持つご家庭では この梅雨時期から夏にかけて衛生面が気になることと思います。
そこで今日は ちょっと気をつければいいな…と思うことをお話します。

まず環境的に湿度と気温が高いので、バイ菌やカビが繁殖しやすいというのは よく知られています。
子ども達は とにかくよく手を口に入れるので、第一に手洗いをよくしましょう。
指の間や爪の間まで念入りに洗うのもいいのですが、それよりは
手洗いの回数を増やすことの方が効果的です。
(殺菌力の強い洗剤を度々使うと手荒れや滅菌の恐れがあるので気をつけて下さい。)

次にお弁当など食品にも カビが出やすいので、腐りにくいよう気をつけてあげましょう。
一番いいと思われるのは梅干しです。
幼い子どもの中には梅干しが苦手な子も少なくありませんが、ハチミツ漬けの梅干しや細かくちぎったものをごはんに混ぜるなどをして 食べやすいように工夫してあげましょう。
梅干しが無理な子には ゆかり(赤シソの葉を乾燥させて粉状にしたもの)なども効果的です。
今では防腐剤シートなども売られていますが、食品自体に防腐効果があれば安心です。

あと 子どもの水筒の飲み口やストローなどは洗いにくい分、菌の温床となることもあるので、この時期はこまめに消毒することを
オススメします。

最後に、出来れば布団も お天気のいい日に干して衛生的に気をつけてあげて下さい。
気温が上がらなくても 湿度が上がれば汗をかきます。
子どもは小さな体でも大人と同じ汗腺の数があります。
布団が湿ってダニが増えれば、喘息などアレルギーの原因となるので 布団の中側を表にしてよく日に当てましょう。

梅雨が明けてカラッとした夏が来るまでは気が抜けませんが、免疫の弱い子ども達を守るのもママの役目です。
子どもはあっという間に大きくなりますから、しばらくは頑張ってあげて下さい。
[PR]
by child-popup | 2011-05-23 22:09 | 子育て | Comments(0)
時々「子どもは伸び伸びと育てたいけれど、何に気を付ければいいですか?」と質問を受けることがあります。
伸び伸びとした子ども というと明るく快活で何事にも積極的に取り組むイメージがあります。

子どもが伸び伸びとする ということは自由に振る舞うということではありません。
よって 伸び伸びと育てるには放任主義でほったらかしにすればいい ということにはなりません。

上記にあるように“明るい”“快活”“積極的”というキーワードを持つ子ども達には共通したものがあります。
それは“自信”と“自分の世界”を持っているということです。
では どうすれば そういう子どもになれるのか…。

自信をつけるには 認めること と ほめること です。
2歳にもなれば誰かにほめてもらうと喜び、それをすることはいいことだ と理解するようになります。
認める とは子どもをいつまでも赤ちゃんだと思わず、小さな成長でも見つけて「○○出来るようになったのね。」と子どもの頑張った部分を見てあげることです。
自信がつくと“積極性”が身につき 明るくなっていきます。

幼い子どもは親の手元で育てられますが、 歩行し 言葉を話すようになり、家族ではない友達と接するようになったり、親や家庭から離れたところで行動すると 自分の世界 を作るようになります。
だいたい2歳後半ぐらいから友達と関わりを持つようになるので、
急速に自分の世界が広がっていきます。
親が作るものでもない この世界は子どもの成長そのものです。
特に人間関係の基盤となるので大切にしたいものですが、親が指図するのではなく、話を聞いてあげて子どもが自分で解決出来るようサポートしてあげて下さい。
大袈裟だと思われるかもしれませんが、社会訓練の第一歩なのです。

子どもが伸び伸びすると思考力も行動力もグングン成長します。
子どもの成長をいっぱい見つけてあげて下さい。



055.gif おしらせ 055.gif

いろんな声を反映して、このブログがみなさまのお役にたてたら…と思っています。
ご質問やご要望がありましたら、コメント欄に書き込んでいただくか(欄外右下のcommentsをクリックして下さい)、
教室の問い合わせ先にメールをください。

たくさんの声をお待ちしています♪

072.gif 問い合わせ先
child.pop.up.2008@gmail.com
[PR]
by child-popup | 2011-05-21 21:08 | ママのつぶやき | Comments(0)
今日は赤ちゃんの話題です。
こんな方法があれば、世の中から悪い人がいなくなるのですが…。(笑)

もともと赤ちゃんには 罪がなく天使のように かわいいものです。
しかし もっとかわいい表情の、いい子に育てるには ちょっとコツがあります。

赤ちゃんの時から「かわいい」をたくさん言ってあげると“かわいい子”に、「いい子ね」と たくさん言ってあげると“いい子”に育つそうです。
出来るだけ たくさんの人に言ってもらいましょう。

潜在意識に「私はかわいい子」「ボクはいい子」と埋め込まれると脳が勝手にそうなるように判断して行動します。
赤ちゃんでもニコッと笑うと「かわいいね」と言われることがわかると 人に顔を見られると笑うようになります。
そのうち「かわいい」と言われることが快感となり、意識的にそう言われるよう 努力するようになります。
「いい子だね」という言葉も同様で、赤ちゃんの時から多用していると 無意識のうちに そう言われるよう努力する子になり、結果“いい子”になります。

逆に「おまえはバカだ」「頭の悪い子」など 叱咤激励のつもりでも あまり多く言われると脳が勝手に覚えてしまい、そのように育ちます。

基本的に愛情を持って育てられた子は“いい子”になります。
ただし 本当に子どもの為を想うなら甘やかすだけではなく 叱ってでもいろいろ教えてあげないと“いい子”には育ちません。

子育ては本当に手がかかりますが、その分赤ちゃんは とってもかわいいものです。
かわいいお子さんが大きくなっても「かわいい子」「いい子」でいられるよう笑顔の中で育てて下さい。



055.gif おしらせ 055.gif

いろんな声を反映して、このブログがみなさまのお役にたてたら…と思っています。
ご質問やご要望がありましたら、コメント欄に書き込んでいただくか(欄外右下のcommentsをクリックして下さい)、
教室の問い合わせ先にメールをください。

たくさんの声をお待ちしています♪

072.gif 問い合わせ先
child.pop.up.2008@gmail.com
[PR]
by child-popup | 2011-05-20 20:58 | 赤ちゃん | Comments(0)

5月19日 (晴)

a0191095_1246650.jpg

今日も五月晴れのいいお天気です♪
少し遅くなりましたが、出来上がった“母の日のプレゼント”です。
「おかあさん、ありがとう」ではなく「ママ、だいすき」だそうです。(笑)

○ 母の日のプレゼント 仕上げ
・ママへの言葉

○ 戸外あそび (公園)
・虫見つけ (アリ・ダンゴ虫・チョウ)
・すべりだい
・かけっこ

○ 自由遊び
・お買い物ごっこ…物の名前がわかるかな?
・お人形あそび…うさぎさんとプーさんはお友だちだね♪
・ままごとあそび…おいしそうに盛り付けてごちそうしてあげたね。自分でいろいろ工夫するようになり、言葉も増えたね。

○ うた ♪おつかい ありさん ♪ぞうさん

○ 手遊び ♪くるくる ♪むすんで ひらいて

○ 絵本 “ごあいさつ あそび”


子どものひとこと
「うさぎさん、ごはんですよ〜。こぼしちゃ だめですよ。早く食べなさい。はい、どうぞ。」
まるでミニ母さんです。もしかしてママそっくり?!
自由遊びでは自分から文章を組み立てて話すことが多く、世界が広がっているようです。
[PR]
by child-popup | 2011-05-19 12:46 | 2歳児クラス | Comments(0)