幼児教室 子育て支援


by child-popup

<   2011年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

遠足の思い出

遠足といえば 春の遠足、親子遠足、園外保育などがあります。
幼稚園にいると この行事は1年間でも度々登場します。
そして 遠足の思い出といえば“バクダンおにぎり”でした。

私のクラスでは遠足に持っていくお弁当はたいてい“バクダンおにぎり”と決まっていました。
それは おにぎりひとつの中に いろいろな具材を詰め、のりで全体を巻くので真っ黒なバクダンに見えることから名前がつきました。
持ってくるおにぎりは ひとつだけと決まっているので、そこには
ママの愛情があふれていました。

お米を1合は使ったのではないか というぐらい大きなおにぎりもありました。
子どもが高々とおにぎりを持つと顔がすっぽり隠れるぐらいです。
中身は定番のこんぶや梅ではありません。
玉子焼きをサイコロ状に切ったものとミートボールやハンバーグ。
クリームコロッケが入っていたり、ツナサラダが入っていたものもあったり、中にはおしんことウィンナーというミスマッチも…。

みんな大きなバクダンをかかえて かぶりついている顔は笑顔でいっぱいです。
ママが朝早く作ってくれるので、中身は食べてみてのお楽しみです。
中身が出てくると また笑顔がこぼれます。
最初は「せっかくの遠足なのだから かわいいお弁当を作ってあげたい。」という声もありましたが、子ども達があまりにも喜んで食べるので 写真屋さんがいっぱい写真を撮ってくれて、写真展示を見た父兄からも「いい顔をしている」「子どもがとっても 嬉しそう」と好評を得ました。

大きくても おにぎりは食べやすいので、あっという間にたいらげ、楽しみなおやつタイムに突入です。
そして遊ぶ時間をめいっぱい取って 遠足は終了です。
遠足でいっぱい遊んで ママの愛情がつまったバクダンおにぎりを食べて、楽しい一日を過ごしたことは 先生であった私にも 子ども達にも 思い出として残っています。
[PR]
by child-popup | 2011-05-18 20:57 | 思い出のアルバム | Comments(0)

5月17日 (晴)

今日はとってもいいお天気♪
気持ちがいいので、お外であそびましょう!

○ 自由遊び
ままごと遊び・人形遊び・魚つりゲーム
大きなキッチンセットでお料理をいっぱい作ってお人形に食べさせてあげたね♪

○ 母の日プレゼントの制作
・カーネーションの花作り
・飾り付け

○ 戸外遊び
・お砂場あそび
・お庭の探検
・かけっこ

○手遊び ♪くる くる
自分から歌をうたって遊ぶようになりました。お気に入りになったのかな?

○絵本 “きゅ きゅ きゅ”
絵本も先々めくろうとしていましたが、今日はゆっくり画面も楽しみながら見ていました。
だんだんおもしろくなってきたようで、自分から「絵本 読んで」と言ってきます。

子どものひとこと
「せんせい~、どこ?どこ?って言って~(笑)」
お庭を走り回り、ウッドデッキのテラス越しに言っていました。
私が探す様子が楽しいようで、「どこ?どこ?」というと喜んで走ってきます。
飽きずにずっと私の所とお庭の離れた所を行ったり来たりしていました。
今日はゆっくりお昼寝 出来るね。(笑)
[PR]
by child-popup | 2011-05-17 12:59 | 2歳児クラス | Comments(0)

親子の会話

今日はちょっとスパンの長いお話をします。

子どもが2歳を過ぎた頃から言語発達とともに“会話”が増えてきます。
最初は「ワンワン」とか「ブーブー」など擬音がもとになった名前を口にし、次に「ちょーだい」とか「イヤ」などの意思表示をするようになります。

言語力が高くなってくる4歳頃から状況の説明をしたり、自分の思いや考えを話すようになります。
そうなると言葉でのコミュニケーションが増えて 人との関係も言葉のやりとりが中心となります。

この時に子どもの気持ちや考えをまず受け止め、その次に 良い悪いを教え 親子の関係を深めていきます。
同時に使う言葉の種類によって 生活も変わってきます。
乱暴な言葉が行き交う家庭では 当然子どもも乱暴な言葉を使うようになり、同じような言葉を使う友達が増えます。
優しい言葉が多い家庭は落ち着いた生活を送り、人に対しても優しい言葉をたくさん使える子になります。

先日 娘が友達とケンカをしました。
当然 相手の子にも言い分があるだろうし、娘にも否があるのではないかと思い、相手の子のママにそっとメールを送って話を聞いてもらいました。
するとケンカの内容とは全く違う話が返信されてきました。
翌日 娘が友達にそのことを聞くと「ママには本当のことが言えないから 適当に嘘をついた。」と言うのです。
娘も全部 親に話しているとは思いませんが、嘘をつかなければならない程話せない親子関係とは思いません。
生まれてまだ 10年もたたないうちから親に話せないというなら、思春期の悩みや友達にも言えないようなことは一人で悩むのでしょうか。

言葉のやりとりもそうですが、親が自分の思いや指示ばかりを発して 子どもの声を聞こうとしなければ会話自体が成り立ちません。
会話とは言葉を介しての心のキャッチボールです。

親子で いっぱい話をして 親の心を伝え、子どもの心を理解して下さい。




055.gif おしらせ 055.gif

いろんな声を反映して、このブログがみなさまのお役にたてたら…と思っています。
ご質問やご要望がありましたら、コメント欄に書き込んでいただくか(欄外右下のcommentsをクリックして下さい)、
教室の問い合わせ先にメールをください。

たくさんの声をお待ちしています♪

072.gif 問い合わせ先
child.pop.up.2008@gmail.com
[PR]
by child-popup | 2011-05-16 23:07 | 子育て | Comments(0)

ライバル出現 ?!

a0191095_6353874.jpg

写真は頭が切れていますが…娘の撮ったものです♪

この愛犬コロンはまだ 小さいからか、あまり吠えません。
甘えてキュンキュン鳴くことはあっても、「ワン」と言ったことがないのです。
成長していくと いずれ うるさくなる時がくるかもしれませんが…。

そんなコロンが先日 珍しく「ウ〜ッ」とうなっていました。
明らかに威嚇しているようです。
室内で飼っているので 何に威嚇しているのかと不思議に思って見たら、テレビラックのガラスに映った自分の姿に向かってうなっていました。(笑)

だっこして鏡を見せたことはありますが 無反応。
なのに、その時だけはガラスの向こうに知らない犬がいると思ったのか、本気モードで怒っていました。

コロンくん、もうちょっと 社会勉強しなさい。(^o^)
[PR]
by child-popup | 2011-05-15 06:35 | コロンノート | Comments(0)
最近 TVでモンスターペアレントの話題を耳にすることがあります。
我が子が一番かわいい と思うのはどの親御さんも一緒ですが、子どもに対する姿勢が違います。

かわいいと思う余り 子どもの都合や扱いを最優先にし、子どもの周りの社会環境である友達や学校に不満をぶつける親がモンスターペアレントと言われます。
しかし かわいい我が子が社会の中で自立して生きていく為には いつまでも親が周りを悪者にしていては社会理念が育ちません。
何でも自分にだけ都合良くいかないのは 世の常。
その中で対処していきながら どのように努力するのかは 幼い時から親との関わりの中で勉強していきます。

では 一切甘やかさず厳しく育てればいいのか というと、そうでは
ありません。
以前のブログにも触れましたが、親の価値観は子どもに受け継がれます。
社会理念が十分でない、いわゆる自己中心的な考え方の親なら子どもも同様になり、社会奉仕の意識の高い方が親なら 子どもも自然とそうなります。
悲しいことに虐待を受けて育った方は 自分が親になった時、虐待をしてしまうケースが非常に多いのも事実です。
親が社会と調和しながら生きていけるなら、子どもにも大人になった時に困らないよう 教えてあげましょう。
基本は「ありがとう」と「ごめんなさい」です。

親子の間でワガママを受け入れてあげることも 時には必要ですが、間違いに気付かせ正してあげるのも親の役目です。
誰かを悪者にして文句を言うのは簡単ですが、そればかりでは自分の否を認められない人間になり、結局社会で孤立してしまいます。

幼い時から 感謝すること、自分が悪い時は悔い改めることが出来れば 物事を客観的に見ることの出来る子どもに育つと思います。



055.gif おしらせ 055.gif

いろんな声を反映して、このブログがみなさまのお役にたてたら…と思っています。
ご質問やご要望がありましたら、コメント欄に書き込んでいただくか(欄外右下のcommentsをクリックして下さい)、
教室の問い合わせ先にメールをください。

たくさんの声をお待ちしています♪

072.gif 問い合わせ先
child.pop.up.2008@gmail.com
[PR]
by child-popup | 2011-05-13 12:06 | 子育て | Comments(0)

5月12日 (雨)

今日も雨天で、お外遊びができません。
保育室内でのあそびとなりました。

今日は“母の日のプレゼント”制作に向けて絵画あそびをしました。
サインペンを使っての線あそび・色あそびです。
画面からはみ出るぐらい元気よくサインペンを走らせ、いっぱい描いて遊びました。

体育あそび…かけっこ・ジャンプ・ボールあそび
室内で場所は限られていますが、何度もかけっこをして体を動かしました。
ボールあそびは まだ受けられませんが、上手に投げることが出来ます。

自由あそび…ままごとあそび・動物図鑑
お料理も包丁で切ったり、お鍋で味付けしながら煮込んだり…超特急で作っていました。(笑)

手遊び…♪くるくる ♪むすんで ひらいて

絵本…“いない いない ばぁ”

今日はご挨拶の仕方を教えました。
気をつけ の姿勢ができるようになり、ご挨拶も上手にできるようになりました。

子どものひとこと
「もうちょっと あそびたい」とお帰りの前に言ってきました。
いろんなことをするのが楽しいようです。
これから いっぱい遊びましょうね♪
[PR]
by child-popup | 2011-05-12 13:09 | 2歳児クラス | Comments(0)

子どもの約束

今日は子どもにとっての約束のお話をします。
“約束”と言ってもいろいろな種類があります。

生活する上で おうちで決まっている約束。 (基本的生活習慣といいます)
例えば いただきます・ありがとう・ごめんなさい などの挨拶をする とか オモチャを片付ける、ゴミはゴミ箱に捨てる など生活に必要な約束のことです。
これは言葉を覚えはじめる段階から教えたりするので、生活環境で自然と身についていきます。

次に大人との約束。
よく見られるのは「今度の日曜日は遊園地に行こう。」という予定の約束と「○○出来たら△△してあげる。」という成功報酬型の約束です。
大人は安易に言うことも多く、都合が変わると予定を変更したり、その場しのぎで約束してしまって忘れたりしますが、子どもにとって“楽しみ”が大きいものほど よく覚えているので、この約束が破られると信頼にも響きます。
素直な子どもほど 大人との約束を守ろうと努力するので、大人は容易に考えないことです。
守れるかどうか不確かなら 約束しないようにしましょう。
後で事情を説明しても大人の都合など理解しにくいので、子どもが納得するのは困難だからです。

他に 子どもどうしの約束がありますが、これが結構トラブルのもとになります。
大人との約束と違って、子どもどうしでは約束の重要度合いに個人差があります。
破るつもりはなくても 自分の感情や都合が優先してしまい簡単に忘れる子、約束は絶対守るべき と最優先にする子 とそれぞれに違うので、守られなかった場合に 怒る子 と なんで怒るの?という子 が出てきます。
約束といっても 大人からみれば大したことがなくても、子どもにとっては大問題です。
破った子は いかなる理由があっても相手が傷ついていたら謝らなければならないし、都合が悪くなったら相手に連絡するなどの措置を取るよう教えるいい機会です。
どんなに小さな約束でも 人間関係を築く上で大切なことなので、子どもの約束なんてたいしたことない と思わず、約束の大切さや相手の気持ちを伝え、どう対処すればいいのか一緒に考えてあげましょう。




055.gif おしらせ 055.gif

いろんな声を反映して、このブログがみなさまのお役にたてたら…と思っています。
ご質問やご要望がありましたら、コメント欄に書き込んでいただくか(欄外右下のcommentsをクリックして下さい)、
教室の問い合わせ先にメールをください。

たくさんの声をお待ちしています♪

072.gif 問い合わせ先
child.pop.up.2008@gmail.com
[PR]
by child-popup | 2011-05-11 12:01 | 子育て | Comments(0)

5月10日(雨)

今月から保育の様子をアップすることにしました!

どんな保育をしているのか、子どもに合わせて計画していくので クラスの状態によって変わってきますが、ママ達にお知らせできれば…と思います。

今日は自由遊びが中心です。

ままごと遊び…上手にお料理できるかな?
大きなプーさんやうさぎさんのお人形と一緒にごはんを食べたね♪

パズル遊び…木のパズルで集中力を高めます。
最初は先生が補助をして向きを教えますが、一度出来れば自分でチャレンジします。
自分で完成できるとほめてもらって満足げです。

魚つりゲーム…口をあけた魚に糸をたらして釣り上げるゲームです。
ちょっと難しいけど、集中しないとつり上げられないので、真剣に取り組んでいました。
(無理やり魚の口に釣り針を押し込んでいたけど…(笑))

ピアノ遊び…春の歌を弾いて歌ったり自分でピアノを弾いて音を出しました。

手遊び…♪むすんで ひらいて
絵本…“お返事 できるかな?”

子どものひとこと
「はい プーさん、おねんねですよ。だっこしてあげるからおねんねしなさい。」
ママに言われているのかな?
ちょっと眠たくなったようで、プーさんと一緒に横になっていました。
[PR]
by child-popup | 2011-05-10 13:35 | 2歳児クラス | Comments(0)

好き嫌いの克服方法

離乳食を卒業すると 殆ど大人と同じ物を食べるようになり、いろいろな味がわかるようになります。
いろいろな物を食べていくうちに好き嫌いも出てきます。
この好き嫌いの多くはたいした理由がありません。
成長するうちに (といってもかなり短期間で) 好みが変わってきます。

まず偏食しないことが目標であるなら 毎日の食生活に偏りをなくすことです。
生野菜が苦手な子ども達は小さい時からあまり生野菜を食べていません。
魚嫌いも同様で食卓に出される頻度が低いものほど嫌いになる傾向があります。
それからレトルト食品を多用すると添加物の味付けに慣れてしまって手料理の味付けを好まなくなります。

さて 好き嫌いを克服する方法ですが、食べず嫌い以外は結構簡単に改善できます。
嫌いの原因を解明してみて下さい。
そうするとかなり近道出来ます。

「トマトはなんだか青臭くてキライ」という子にはざく切りにしたトマトに三温糖を振りかけて冷蔵庫で冷やして食べてみて下さい。
三温糖で甘みが増し、冷やすことで匂いも軽減します。

生野菜嫌いは まずレタスをちぎる、きゅうりを切る、などサラダを自分で作らせてみて下さい。
そしてマヨネーズやドレッシングをたっぷりとかけたり、ゆで玉子のみじん切りなどを散らして色あざやかにしてみましょう。
自分で作ったものを誰かが「おいしい」と食べてくれれば自然と口に運びます。

「魚は小骨が多くてイヤ」という子にはお刺身を使ったカルパッチョや「生臭いのが苦手」という子にはフライや天ぷらでどうでしょう。

いずれにしても手伝って作ったものや 味見などのつまみ食いほどおいしいものはありません。
最高の調味料は「おいしい!」のひとこと。

誰でも好き嫌いはありますが、“嫌いだけど食べられる”というのはスゴイこと。
残してもいいから食べてみる、小さいものだけ食べきる、頑張って自分から口に入れる など努力が見られたら多いにほめてあげて下さい。

ちなみに娘はナスとピーマンが嫌いでしたが、揚げナスとピーマンの肉詰めで克服しました。(笑)
今は青ネギと豆腐に苦戦しています。(赤ちゃんの時は豆腐好きだったのになぁ…)



055.gif おしらせ 055.gif

いろんな声を反映して、このブログがみなさまのお役にたてたら…と思っています。
ご質問やご要望がありましたら、コメント欄に書き込んでいただくか(欄外右下のcommentsをクリックして下さい)、
教室の問い合わせ先にメールをください。

たくさんの声をお待ちしています♪

072.gif 問い合わせ先
child.pop.up.2008@gmail.com
[PR]
by child-popup | 2011-05-09 14:24 | 子育て | Comments(0)
指吸いやオネショ、夜泣きなどやめてほしいクセで相談を受けることがあります。
大人でも一緒ですが、クセになってしまうと 簡単にはやめることが出来ません。

まず その行動がクセなのか、原因があって起きる現象かどうかを見極める必要があります。
例えば 夕食時や寝る前によく水分を摂る子は、睡眠中に貯めきれずに出てしまいます。
尿意を感じて起きる という行動は かなり成長しないと出来ないので、夕食を早めにするとか、寝る前は水分補給を控える、寝る前には必ずトイレに行かせる などママの配慮が必要です。

同様に指吸いにも原因となることがあります。
指吸いは胎内にいる時からしている行為で、いわゆる精神安定剤のような役目もしています。
(胎内での指吸いはおっぱいを飲む練習です。)
ママが仕事を始めて 離れている時間が長くなり寂しい、とか 下の子の妊娠で甘えられなくなり不安定になる など精神的にしんどい状態にあると、授乳されている時の安心感がほしくて指吸いをします。

夜泣きは昼間に見たことや刺激を受けたことを 眠っている間に反復するので、怖い思いをしたり お出掛けなどで刺激をたくさん受けると、吸収しきれずに夜泣きをします。
これは楽しい場合でも出るので、あまり興奮することがあると 夜泣きという形で出てきます。

最初にも書きましたが、クセになってしまう (習慣化してしまう) となかなかやめられません。
しかし これが大人になるまで続くこともありません。
気を付けるべき点は あまりきつく指摘しないことです。
言葉でいくら「ダメよ」と言っても治るはずがないからです。
指吸いをしているな…と見つけたら、その手をつなぐ とか何かを持たせる、または 気を引くような言葉をかけて直接 指摘しない方が治りやすいと思います。
なぜなら 無意識でやっていることに、否定であっても その言葉を聞くと脳が“すりこみ”逆にクセづけてしまうからです。

ちなみに寝る時のクセは また別のものなので、上記にあてはまりません。
それこそ治すということ自体無理かもしれません。
これもまた 大人になるまで続くものではないので、あまり気にしない方がいいかもしれません。




055.gif おしらせ 055.gif

いろんな声を反映して、このブログがみなさまのお役にたてたら…と思っています。
ご質問やご要望がありましたら、コメント欄に書き込んでいただくか(欄外右下のcommentsをクリックして下さい)、
教室の問い合わせ先にメールをください。

たくさんの声をお待ちしています♪

072.gif 問い合わせ先
child.pop.up.2008@gmail.com
[PR]
by child-popup | 2011-05-07 11:12 | ママのつぶやき | Comments(0)