幼児教室 子育て支援


by child-popup

3月6日(2歳児プレクラス)

今年の冬は長いのか、まだ雪が降っています。
でも庭の梅の花が咲きほころび、桜の花芽も出てきて、春支度は始まっています。
季節の変わり目は大人でも体調を崩しやすい時期です。
どうぞ子ども達も合わせてご自愛下さい。


○身の回りの始末・朝のごあいさつ
・くつ、衣服、カバンを片付ける。
・姿勢を正してごあいさつする。

○出席点呼・出席カード
・名前を呼ばれたら返事をする。
・出席カードの準備、片付けをする。
・出席カードに自分でシールを貼る。

○自由遊び
・おままごと
・列車や車のオモチャで遊ぶ
・ブロック遊び
・手押し車でごっこあそび
・お人形あそび
・ボーリングあそび
・絵本

○お片付け

○手遊び ♪トントンひげじいさん

○絵本
「いいおへんじ できるかな」
「シャンプー だいすき」

○お帰りの準備・ごあいさつ


《子どものひとこと》
今日は二人とも鼻づまりとくしゃみが交互に出ています。
風邪とアレルギーによるものなのですが、こんな会話がありました。
「せんせい!」
「なぁに?」
「はな、出た。取って。」
助詞の抜けたつたない言葉ですが、子ども達なりにちゃんと言葉で伝えようとしています。
「ちゃんと言えて偉かったね。」と言うとちょっと嬉しそうです。
最近自分の知っている単語を繋ぎ合わせてなんとか文章を作ろうとしています。
言葉を覚えて発音するだけでも大変なのに、相手に伝える為に頭をフル回転させています。
大人が先を読んで理解することは簡単ですが、聞いてあげて下さい。
自分の意志を言葉で伝えるということ、なんとか文章を作ろうとしていることはめざましい発達につながります。

男の子二人なので、ボール遊びや体育遊びが大好き!
そんな子ども達に初めての姿を見ました。
教室には2歳児では手に余るほど大きなプーさんのぬいぐるみがあります。
Hくんが何を思ったのかサンドバッグのように叩きはじめました。
ビックリして「痛いって怒っているよ。」と声をかけると慌てて謝りました。
「ごめんね」
Aくんはプーさんをなでています。
するとHくんはもう少し小さいウサギの人形を持ち出し、赤ちゃんにして遊びはじめました。
だっこしてあやしたり、ごはんを食べさせたり、寝かせたり…。
男の子でも小さいものを慈しむ優しさを持っています。
元気で活発な男の子でも優しい部分は大いに育てたいと思います。
Hくんには赤ちゃんの妹がいます。
大好きなママを取られてがまんしていることもあると思いますが、可愛がっているようです。
その心の強さは称賛に価すると思います。

Aくんは自分から「ありがとう」が言えるようになりました。
自分から…というところが素晴らしい!
簡単なようですが、親のいないところで出来るのはすごいことだと思います。
子ども達の芽生えを大事に育てていきたいと思っています。
by child-popup | 2014-03-06 13:10 | 2歳児クラス | Comments(0)