幼児教室 子育て支援


by child-popup

5月29日

今日もいっぱい頑張った子ども達!
ごあいさつ、自由遊び、排泄、身の回りの始末などどんどんお兄ちゃんになってきました。
失敗も成功もたくさんしながら成長していきます。
ひとつひとつの経験を大切にして、次につなげていきたいと思います。

○身の回りの始末・朝のごあいさつ

○出席点呼・出席カード

○自由遊び
・列車や車のオモチャで遊ぶ。
・おままごと
・積み木遊び
・廃材遊び

○排泄

○お片付け

○戸外遊び(お庭)
・自然物に触れる。(花・チョウなど)
・体育遊び

○手遊び ♪トントンひげじいさん

○絵本 「おむすびころりん」

○お帰りの準備・ごあいさつ


<子どものひとこと>
今日も前回に引き続き、生活習慣のことでいろいろとありました。

まずはごあいさつ。
「おはようございます」「さようなら」という挨拶をはじめ、「ありがとう」や「ごめんなさい」のごあいさつも出来るようになりました。

そしてトイレトレーニング。
失敗を覚悟の上、トレーニングパンツを着用している二人。
予定通り遊びに夢中だったり、自分の行動に一生懸命でトイレに間に合わず、おもらししてしまいました。
このおもらしが一番の刺激剤。
何度も失敗しながら自分で意識してトイレに行くようになります。

そんな中でうれしい成長がありました。
Hくんが何度かトイレに行ったり着替えをするうちに保育者に手伝ってもらいながら着替えをしていました。
Aくんがトイレに行っている間にHくんは一人でゴソゴソ。
Aくんはまだ上手にお着替えが出来ないので、手伝っているとHくんが叫びました。
「できたぁ!」
振り返って見てみるとオムツとズボンを一人ではいていました。
嬉しそうにニコニコしています。
おもらししてお兄ちゃんにはなれなかったけど、お着替えは手伝ってもらわなくても一人で出来たよと言わんばかりの顔です。
当然「すごーい!」といっぱいほめました。

最近の遊び方はオモチャ箱をひっくり返して全部出してしまいます。
特におままごとや積み木は量が多いので、お片付けも大変です。
(因みにお片付けは子ども達だけでします。)
お片付けの途中でやめてしまったり、遊び始める子もいます。
不思議なことに一人が叱られていると、もう一人がいつも以上に頑張ってお片付けをしてくれます。(笑)
一人で大量のオモチャを片付けた子は満足げですが、保育者が認めてくれるのを待っています。
やはり「すごーい!」の言葉は必要なんですね。

お兄ちゃんになるという自覚を持って頑張る子ども達は自主性を持っています。
それを大切にしていきながら援助・指導していきたいと思います。
by child-popup | 2014-05-29 13:36 | 2歳児クラス | Comments(0)