幼児教室 子育て支援


by child-popup

9月30日

今日も笑いあり、涙あり、怒ったり泣いたり、楽しんだり頑張ったり…でいろんなことが起きました。(笑)
子ども達にとってすべての経験が成長につながります。
様々な経験を通してこれからの生活に必要なことを学んでほしいと思います。


○身の回りの始末・朝のごあいさつ

○出席点呼・出席カード

○トイレトレーニング
・トレーニングパンツにはきかえる。

○自由遊び
・列車や車のオモチャで遊ぶ。
・廃材遊び
・パズル遊び
・おままごと
・絵本
・ボーリングゲーム
・ブロック遊び

○絵画製作 「ブドウ」
・絵の具で描いたブドウを切り抜き、台紙に貼りつける。
・絵の具でスタンピングし、葉っぱの色づけをする。

○お片付け

○休憩

○音楽遊び
・うた ♪大きな栗の木の下で ♪ドングリ
・手遊びやリズム打ちをして遊ぶ。

○絵本 
「ぎゅうって」
「ひとりでうんち できるかな」

○お帰りの準備・ごあいさつ


<子どものひとこと>
今日は月末の保育日なので、月間皆勤のお子さんには金ぴかシールが配布されます。
毎回自分で出席シールを貼りますが、このごほうびシールは特別なようで何度も出席カードを広げて見ていました。(笑)
頑張ったことをほめてあげて下さいね。

今日は絵の具でスタンプしてみました。
2歳児Hくんは興味深く見ています。
3歳児Hくんは慣れたもので、上手にトントン色づけしています。
どんなブドウが出来上がるかお楽しみに!

2歳児Hくんはお兄さんのしていることが面白そうに見えるのか、すぐにお兄さんの遊んでいるオモチャを取ってしまいます。
取られた方はイヤな気分になることなんて全く考えられません。
悪気はありませんが、お友達と一緒に遊ぶ以上暗黙のルールは必要です。
3歳児Hくんにしてもどう対処すればいいのか考えなくてはなりません。
しばらく見ていると、3歳児Hくんは「やめて」と言いつつ力づくで取られてしまいました。
その後、保育者に泣きながら訴えてきました。
私の言葉は「イヤなら取り返しておいで。」
涙を拭いて直談判。
「返して!」強い口調で迫ります。
「イヤ!」こちらは断固拒否で即答。
今度は強行手段で取り返そうとします。
しかしなにがなんでも手放さない2歳児Hくんに根負け。
諦めがつかない3歳児Hくんは涙ながらに「返してくれない」と懇願してきました。

こんな光景は入園直後から日常的に見られます。
友達関係が出来ていなければ、なおさら相手の気持ちに気付くはずもありません。
横取りはいけないことも、取られるとイヤな気持ちになることも、衝突(ケンカ)がなければなかなか理解出来ません。
3歳児Hくんは優しいのか、怒ることはあっても年下の子に手をあげることはありません。
そこで保育者の登場です。

力づくで横取りされるとどんな気持ちになるか、痛いことをされるとどんな気持ちになるか、体験してもらいました。
(もちろんバレないように加減しています)
案の定泣いて嫌がりましたが、「お兄さんに同じことをしていたんだよ」と言うと自分から「ごめんね」と謝っていました。
一度で全てがわかる訳ではありません。
何度もこのような経験をして学んでいきます。

お互いのいいところを伸ばして刺激になれば…と思います。
by child-popup | 2014-09-30 16:43 | 2歳児クラス | Comments(0)